注意点

女性ホルモンの低下とバストアップの関連

年齢と共に体内で精製される量が減少していくと言われている、女性ホルモン。
この女性ホルモンですが…
分泌量が低下してしまうことで、バストアップしにくくなることも…
女性ホルモンとバストアップがどのような関係があるのか?
二つの関連性と、女性ホルモンを増やす方法をご紹介します。

●バストアップと女性ホルモンの低下の関係性
女性ホルモンは、分泌され体内に巡ることで…
バストアップ効果や、くびれ効果等、女性らしい体を作っていきます
この女性ホルモンですが、何もしなくても、最も分泌されると言われている年代は…
思春期から20代の半ばまでと言われています。
この時期を過ぎると、ケアを行わないと徐々にホルモンの分泌量が減少。
ホルモンの分泌量が減少してしまうことで、体にホルモンが行き渡らず、バストアップ効果が減少してしまうのです。
簡単に言ってしまうと…
“女性ホルモンの低下=女性らしい体つきが失われ始める”と考えられるでしょう。

●女性ホルモンを体内に増やす方法は?
年齢を重ねると、必ず女性らしい体つきが失われるというわけではありません。
女性ホルモンは、何歳になっても分泌されていますし、同時に増やすことが出来ます。
女性ホルモンを増やす方法としては、これらが主にあげられるでしょう。
・恋をする
冗談に聞こえるかもしれませんが、恋は女性ホルモンを分泌する一番の近道です。
女性は特に、恋愛をすることで女性ホルモンの分泌量が大量に増える傾向にあるため…
常に恋をしておくことが、衰えない秘訣と言えるでしょう。
恋をする相手は、芸能人や有名人でも構いません。
トキメキを覚える相手を思い浮かべることで、女性ホルモンの分泌を促されます。
・エクササイズやウォーキングを行う
骨盤周りを動かすエクササイズや、血流を良くするウォーキングを行うことも欠かせません。
シェイプアップ効果もある為、一石二鳥と言えるでしょう。
・食事やサプリメントから女性ホルモンを摂取する
イソフラボンは、女性ホルモンとよく似た性質を持っていることがわかっています。
大豆製品や豆乳などをこまめに摂取しましょう。